ダブルフレンチ

ここ数年においてマニキュアに比べて仕上がりがつややかなジェルネイルが人気となっています。

これは爪の表面にジェルを塗りこれに紫外線を含んだ光を照射することによって固めて作る人工の爪を指します。

今、このようなジェルネイルは爪に与える負担が少ないことと、さらに手順もシンプルで短時間で完成させることができ、さらに耐久性もあることから今若い女性を中心に非常に関心が高まっているのです。

このような背景からインターネット上では自ら行うジェルネイルの手順が掲載されたサイトも数多くなっており、このようなサイトを参考にしてこれを自宅などで行う女性が増加しているのです。

このような中で今定番のデザインとして非常に高い人気を誇っているのがダブルフレンチと呼ばれるデザインとなります。

ダブルフレンチとは爪の先にホワイトカラーを使用するスタイルが一般的で、女性らしいデザインとなっていることが特徴となっています。クリアラメグラデーションも女性らしいデザインのひとつです。

現在このような人気の高まりを背景に、テレビや雑誌などでも多く取り上げられるこのジェルネイルは、ネイルサロンでも取り扱われるようになってきており、そこでダブルフレンチ選んだ利用者もそのデザインを非常に多くの種類から選択できるようになっているのです。

ジェルネイルが長持ちする方法

ジェルネイルを長持ちさせる方法を説明します。

セルフジェルネイルでも長持ちさせる方法はあります。

1、爪の下処理をきちんと行います。

甘皮が伸びていると、そこから空気が入る「浮き」というものができてしまいますので要注意です。

2、下処理を行った後、油分や水分、また細かな削りかすなどをぬぐいきります。 専用のクリーナーも販売されています。コットンは手羽立ちの少ない物でも、小さな繊維が残ることがありますので、使わない方がいいです。おすすめはクッキングシートです。コットンのサイズに切っておいて、クリーナーをしみこませてさっとぬぐうだけです。

3、ベースとなるカラージェルをたっぷりとしっかり目に塗ります。

4、ジェルネイルを爪先まで塗ります。トップのクリアジェルも同様です。爪先もしっかりとライトがあたるように硬化します。

5、爪の生え際、また爪のサイドに思い切って1mm近く余白を残す。ここがぎりぎりになってしまうと、どうしても浮きが出やすくなります。少しでも近くなってしまった場合には、オレンジスティックや爪楊枝の先の細い部分を使ってぬぐいます。硬化する前に、爪をよくチェックします。硬化してからでは直せません。

以上の5点を意識することで持ちがずいぶん長くなるはずです。

Designed by CSS.Design Sample